【体験談】オンライン英会話の無料体験を8社受けました。選び方とは

オンライン英会話

実際にオンライン英会話の受講を始めました。TOEICで高スコアを取っても、「英会話には自信がない」という典型的な日本人から脱しようと一念発起しました。

最初は私も不安ばかりでしたが、始めてみると案外楽しい!やるからには、確実に実力アップできる効果的な受講について模索しながら長く続けていきたいと思っています。

初めてのオンライン英会話受講を考えている方の不安を取り除くためにも、無料体験から本格的な受講までの流れについて、丁寧にお話ししたいと思います。

スポンサードサーチ


オンライン英会話選びは無料体験から


引用元:GrumpyCMO

どのスクールも無料体験を受けることができます。スクールによって、レベルチェックをしたり、体験用テキストが用意されていたり、通常と同じレッスンなど色々ですが、そこからも各スクールのカラーが感じられます。

私は比較的有名なスクール8校の無料体験を受けました。これだけで16回のレッスンを無料で受けたことになります。1週間受け放題のスクールもありましたので、実際にはそれ以上受けています。何校受けるかは個人次第ですが、気になるスクール数校の無料体験を受講し、比較してみてスクールを決めることをお勧めします。

実際に経験してみなければわからないこともあります。私も、最終的には、インターネット情報から第一候補に考えていたスクール以外のスクールに決めました。

無料体験を受講するにあたって、皆さんが気になると思われる点は以下のようなことではないでしょうか。

会員登録
どのスクールも無料体験のためには、スクールに会員登録しなければなりません。これが少し面倒ではあります。登録の手間もスクールによって色々で、案外簡単な情報だけで済む場合もあれば、かなり細かく趣味などまで聞かれる場合もあります。受講を決めなかった場合、そのままにしておいても特に問題は感じていませんが、もちろん退会も連絡すればすぐにできます。

勧誘される?
結論から言うと、無料体験後そのままにしておいても、私が登録したスクールからの勧誘は一切ありませんでした。さすがにオンライン英会話と言うだけあって、システムも全てオンライン化されていて、入会も支払いも受講も受講者側の手続きにより、淡々と進んでいく印象です。それだけに、全てにおいて受講者側の心構えが重要になるシステムだと感じました。

結論、どこがオススメ?
記事でオススメの理由を解説しますが、待ちきれない方に結論を先にお見せしておきます。

オンライン英会話各社の無料体験比較


引用元:CRM Solution Comparison

私が受講したオンラインスクールは、COCO塾オンライン英会話・DMMオンライン英会話・ECCオンライン英会話・hanaso・Native Camp・QQEnglish・レアジョブ・産経オンライン英会話の8社です。料金設定などの詳細は各社ホームページでご確認下さい。

ここでは、1校ずつ私が感じた特徴や感想をお話しします。感じ方は人それぞれですし、受講者の年齢、英語力、受講目的によっても変わってきます。実際のレッスンの感想も書きますが、これはスクールというより、講師個人の資質にもよるので、参考までにお考え下さい。

各社共通点

最初に、各社共通に言えることをお話しします。

予約について
人気講師は予約を取るのが大変なようですが、予約なしでの受講の場合を除き、当日であっても予約したい時間に空いている講師が一人もいないということはありませんでした。

講師について
講師はテキストの進め方についての統一した訓練、マニュアルに基づく指導は全員しっかり受けているように感じました。どのスクールもマニュアル通りにレッスンが進むので、どの講師でも、ちゃんとレッスンは成立します。

ただ、テキストによっては講師の得意、不得意がでるかもしれません。講師は、大学を卒業した人ばかりで、各スクールで設定した基準をクリアしてきているので、ほとんど差は感じませんでした。2回のレッスンでは、スクール全体の講師の質までは判断できませんが、スクールによって「カラーの違い」のようなものは感じました。

受講者(筆者)の情報

  • 英会話中級~
  • 該当講師がいる場合は30代以上の講師を希望
  • 体験2回は違う講師で受講

COCO塾オンライン英会話

使用テキスト 2回共に体験用テキスト
講師 2回ともに30代の女性講師

» 公式サイトはこちら

どちらのレッスンも丁寧で、話していて気付いた私の癖などにまで言及したフィードバックもあり、満足できるレッスンを受けられました。

レベル別のスクール指定のテキストを利用することになるので、テキストは選べませんが、決められたカリキュラムで安定的に学んでいけます。比較的最近スタートしたスクールで、講師の数も今は他社ほどいないようですが、予約はすぐに取れました。経験豊富な講師が多く在籍していて安心感があります。

講師の数が増えてくればシステムが変わるかもしれませんが、現時点では予約時に、講師の特徴などで検索して探すことができないので若干不便を感じました。また、テキストは有料です。

お勧めポイント
月4回2,200円から設定されているので、週1~2回程度のレッスンで充分という人はリーズナブルに始められます。自分でカリキュラムの管理に自信がない人にも、大手スクールが選んだ指定テキストがあるので安心です。

DMMオンライン英会話

使用テキスト 通常のテキストから自分で選択
講師 30代と40代の女性講師

» 公式サイトはこちら

1度目は中級日常会話、2度目は写真描写のテキストを利用しました。私が受講した講師のレッスンは、マニュアル通りに進められていて、笑顔で感じも良いのですが、教えるための積極的な工夫はあまり感じられませんでした。

レベルも自分で判断し、テキストも自分で選びます。とにかくテキストの種類が豊富なので、自分の好みに合わせた学習が可能です。色々試せるのは魅力ですが、その分自分でしっかり意識を持って進める必要性も感じました。テキストが多いため、講師も使ったことのないテキストに当たった場合、指導力を発揮できない場合があるかもしれません。

在籍講師もとても多く、ネイティブ専用のコースもあります。講師の年齢も幅広く、他のスクールでは、なかなか見つけられない40代、50代の講師もたくさんいました。

お勧めポイント
とにかく安く毎日受講したい人、ネイティブのレッスン(料金設定別)を受講したい人、色々なテキストを使いたい人に向いています。有料会員になれば、英語学習アプリ「iKnow!」を無料で使うことができます。

ECCオンライン英会話

使用テキスト 各自レベルチェックの上、自分でレベル別テキストを指定
講師 2回共に20代後半くらいの女性講師

» 公式サイトはこちら

システム上で受講できるレベルチェックテストがあるので、レベル確認を自分で行います。TOEICをイメージさせるレベルテストです。

Skypeではなく、独自のシステムを利用しています。テキストもブラウザのシステム上に表示されます。レッスン30分前になるとテキストを開いて予習ができます。

受講した講師は明るく、テキストの内容に沿って、関連した質問をはさんでくるので、自分のことを話す機会もあり、おしゃべりも楽しみながらレッスンを受けられました。私が受講した講師はフルタイムの社員だと言っていました。若い講師が多い印象です。

独自のシステムの音声がSkypeと比べ、特別にいいとは思いませんでしたが、Skypeには、通信状態が悪い時があるので、そのストレスが無くなるのは強みです。システムは25分で自然とシャットダウンします。

お勧めポイント
大手のしっかりしたシステムとカリキュラムを信頼し、安心してレッスンを受けたい人や、Skypeに不安を感じる人に向いています。実績とノウハウを活かしたオリジナル教材で学習できることも魅力です。また、毎月安定的に回数を決められない人には、上限金額が決まっている2段階プランがお勧めです。

hanaso

使用テキスト 1回目体験テキスト 2回目通常テキストから選択
講師 2回共に40代の女性講師

1回目の体験で、レベルを考慮した今後のお勧めテキストなどのアドバイスがもらえました。2回目のレッスンでは、テキストを指定しないで受講しましたが、自己紹介等の後、講師の勧めでニュース記事を読んで会話するレッスンを受講しました。

色々提案してもらえるのは助かります。レッスンは自宅からのSkypeレッスンで、2回目の講師と話した時、パートの講師と言っていましたが、特に気になることはありませんでした。レッスンに関しては、世代も近かったので、個人的なおしゃべりもはさみながら、終始楽しい雰囲気で進みました。また、予約画面や講師検索システム、講師のプロフィールはとても見やすく、使いやすかったです。

お勧めポイント
システムが使いやすく、講師も若い世代から40代以上までバランスよく在籍していて、講師の趣味や日本語レベルの表示もあり、日本語ができる講師も在籍しているので、英会話が初めての人でも安心です。

Hanasoメソッドというオリジナル学習法で、レッスンを受けっぱなしではなく復習できるシステムを提供しています。毎日プラン、回数プランと選べるので自分に合わせて受講できます。

Native Camp

使用テキスト 通常のテキストから自分で選択
講師 20代女性及び男性講師

Native Campの特徴は、定額で予約なしで何度でもレッスンを受講できることです。無料体験も7日間受講し放題でした。但し、最初の登録時にカード情報まで入れなければならず、7日間が過ぎると、退会の連絡をしない限り本会員扱いとなり、自動引き落としが始まります。

定額で予約なしで受講する場合、受けようと思った時に、空いている講師が全くいないこともありましたが、少し待てば、レッスンが終わった講師がレッスン可能になります。空いている講師に次の予約がなければ、すぐに25分レッスンを受けられますが、予約なしのレッスンは25分以内でも可能なようで、講師の次の予約までのわずかな時間でも、空いていれば短時間の受講が可能なシステムでした。

気に入った講師のレッスンを受講するには予約が確実なようです。予約には200コイン(1,000円で1,000コイン)が必要になります。

私はカランメソッド(カランメソッドについてはQQEnglishの所で説明します)に興味があったので、カランメソッドを受けましたが、カランメソッドは予約でなければ受講できません。無料登録時に1,000コインもらえるので、そのコインを利用しました。

7日間で、予約でカランメソッド3回、予約なしで中級日常会話と絵を見て説明するレッスンを1回ずつ受講しました。レッスンの感想としては、どのレッスンも20代前半の若い先生で、フレンドリーに一生懸命進めてくれました。

格安でもSkypeではなく、独自のシステムを利用しており、残り時間も表示される見やすいシステムでした。こちらも25分で自動的にシャットダウンします。講師のレベルも独自で定めた試験を通過すると授与されるコースバッジの数で確認できるので、講師選択の際の参考になります。若い講師が多く、年上の私から見ると若干経験不足である感は否めませんが、授業の進め方などの教育はしっかり受けていると感じました。

お勧めポイント
何と言っても月額4,950円という格安で何度でもレッスンが受けられることです。1日1回ではありません。空いている講師がいれば、1日何回も受講できます。とにかく時間のある限り毎日たくさん話したいという人には、とても良いシステムです。

QQEnglish

使用テキスト 回目レベルチェック用テキスト 2回目自由
講師 20代後半~30代くらいの女性講師(初回は講師指定できません)

最初の無料体験開始の5分前に日本人スタッフからコールがあり、Skypeの使い方、初回レッスンについての簡単な説明がありました。初めての場合は安心できると思います。初回レッスンは初回用レベルチェックテキスト(世界のランドマークの数枚の写真を見ながらの会話)でレベルチェックをします。そのランドマークについての歴史まで話したりもするので勉強にもなりました。

講師の頭の良さも感じました。終わりにレベルが伝えられます。レッスン終了後すぐにもう一度日本人スタッフからコールがあり、わからないことなどを質問できます。2度の無料体験の期限は特にないスクールが多いのですが、こちらは8日以内と規定があること、キャンペーンについての説明もありました。私はカランメソッドについて質問したいことがあったので、このシステムはありがたかったですが、気軽に試したいと思っている人には、少し面倒に感じるかもしれません。

2回目の体験ではカランメソッドを受講しました。Native Campでもカランメソッドを受講しましたが、カランメソッドとは、簡単に言うと耳から聞いた質問に対し、日本語で考える間を与えないスピードで、フルセンテンスで回答していく練習法です。全員がステージ1からスタート(Native Campはレベルチェックでステージ1か2からのスタート)します。QQEnglishではレベル3(7が最高)以上の人でないと受講できません。

お勧めポイント
月会費プランは、ポイントがある分は自由に予約を1ヶ月先まで何回でも入れておくことができます。講師は全員が、TESOL(Teaching English to Speakers of Other Languages)という英語が母国語でない人に英語を教える教授法の国際資格を持っていることを条件に正社員として雇用されていて、カランメソッドでも有名です。

レアジョブ

使用テキスト 1回目、2回目共にレベルチェック後に講師が選んだテキスト
講師 30代と20代女性講師(初回講師の指定はできません)

初回はレベルチェックのカリキュラムがあり、講師から、自己紹介⇒講師からの質問によるレベルチェック⇒テキストでデモレッスンとの流れになる説明がありました。レベルチェックは講師が何問か質問してくるので、それに答えていくものです。質問は、好きな食べ物というような簡単なものから、ソーシャルメディアについての意見、宇宙人の存在についてまで、5~6問だったと思います。

その後レベルにあったテキストでレッスンを行い、最後にレベルが告げられます。自分が想定していたレベルより高いレベルが告げられました。もしかしたらスピーキングの他に、TOEICスコアなど(登録時に記入しました)も考慮されているのかもしれません。2回目のレッスンも、1回目のテキストの続きでした。フィードバックも丁寧で、2回目の最後にカウンセリングの紹介がありました。

お勧めポイント
他社も日本語でのカウンセリングや問い合わせでの対応は行っていますが、レアジョブのカウンセリングは、有料になりますが一緒に自分に合ったカリキュラムを考え、継続的に進み具合をサポート・アドバイスしてくれます。自分一人で進めていくことに不安を感じている人も、目標や上達を意識してレッスンを続けていくことができます。

産経オンライン英会話

使用テキスト 1回目体験テキスト 2回目自由に選択
講師 40代と30代の女性講師

最初は体験テキストでの授業でしたが、マニュアル通りと感じる授業がどんどん進みますが、こちらに話す機会を多く与えてくれました。最後にレベルを考慮したテキストの提案がありました。2度目はテキストを選ばないで予約したらフリートークになりました。何について話したいか聞かれ、考えていなかったので、自分の両親や家族について詳しく紹介しました。興味深く聞いてくれましたが、言い方に戸惑った時も、適切な言い方などの指導はなく、聞く側に徹している印象でした。

どちらも自宅からのSkypeレッスンでしたが、2回目の講師は、子供がいるのか(?)少し注意力散漫で何かを気にしている様子でした。自宅からのレッスンの場合の、通信の問題以外の問題点も感じました。

産経オンライン英会話は、産経デジタル、ヒューマンホールディングス株式会社、コランスコスモス株式会社による共同事業ですので、ヒューマンアカデミーのオンライン英会話も同じシステムを利用しています。違いを問い合わせたところ、キャンペーンの内容などが異なる場合があるとのことです。

お勧めポイント
職業別英会話、フリートークがカリキュラムコースとして設けられていて、レストラン、タクシーなど、職業別のテキストが用意されています。自分の希望にあっていれば、実践的なレッスンが受けられます。フリートークだけのレッスンはお勧めしませんが、英文チェックをしてもらいたい時、面接の練習など、必要な時、自由に講師を利用できます。

オンライン英会話教室の選び方とは?


引用元:Sourcing Spring

たくさん受講してみて最終的にどこに決めるのかは、3つのポイントとのマッチングだと感じました。3つのポイントとは、次のとおり。

  1. 自分の求めているレッスンが受けられること
  2. 希望受講回数
  3. 希望受講費用
私の場合は次の理由でQQ Englishを選びました。

  1. カランメソッドを試してみて、もう少し続けてみようと思った。
    自分の年齢から考えて、ある程度人生経験のある講師から受講したい。
      日常会話でなく、トピックについて話すテキストなどを使いたい。
  2. 毎日受講する時間はないので、週2~3回を希望
  3. 上記を満たせば金額はそれほど大きな差はないのでこだわらない。

上記のことから、私が最終的に本会員になったのはQQEnglishです。私の場合はカランメソッドを中心に考えたので、QQEnglishかNative Campということになり、QQEnglishの方が雰囲気として私に合っていたことと、受講予定回数、金額を考慮して決めました。QQEnglishも講師は比較的若いですが、そこは妥協しました。

選び方のヒント

基本的に、初心者の方は、日常会話のようなベースとなるテキストを利用してレッスンを組み立てることをお勧めします。日常会話テキストはそのレッスンごとの目標がはっきりしているので、講師にとっても受講者にとっても進めやすく、講師によっての差もあまりでないと思います。

無料体験でテキストを選ぶ場合は、このようなテキストを選び体験してみて、学習しやすいテキストを基準に候補を選んでみてはいかがでしょうか。2回とも、体験は日常会話のテキストで構わないと思います。その上で、いずれは違うテキストと交互に使うなども自由ですので、他にどんなテキストがあるのかも確認してみましょう。

そして、講師の雰囲気、希望受講回数、費用を考慮して下さい。

ニーズ別のおすすめスクール

最後に、実際に8校体験してみて、ニーズ別にお勧めスクールを紹介します。

とにかく毎日たくさん話したい人は、Native Camp

1日1回又は複数回の毎日プランのあるスクールはたくさんありますが、価格、回数共に断然Native Campがお勧めです。格安でありながら、講師のレベルなども確認でき、システムもしっかりしています。予約なしの場合、講師はあまり選べませんが、色々な講師のレッスンを経験するのも楽しいものです。

毎日は無理でも空いている日に連続して何回も受けることもできます。初心者にとって、英語を聞き、話す環境を増やし、英語に慣れることはとても大切なことです。但し、予約でレッスンを受けるようになると費用がかかってきますので、注意が必要です。

決められたカリキュラムで安心して受講したい人は、COCO塾オンライン英会話ECCオンライン英会話

大手なのでテキスト、講師の教育にも安心感があります。若干価格は高めですが、様々な料金プランがありますので、自分に合ったプランがあればお勧めです。

30代以上の講師のレッスンを受講したい人は、COCO塾オンライン英会話DMMオンライン英会話hanaso産経オンライン英会話レアジョブ

この5社には、比較的年齢の高い講師もいました。逆に言えば、Native CampECCオンライン英会話にも、30代以上の講師がいないわけではありませんが、比較的20代前半の若い講師の割合が多いように感じます。大切なのは年齢より経験ですので、年齢が高い=教え方がうまい、というわけではありません。

QQEnglishは講師の年齢表示がないので年齢はわかりませんが、全体的に25歳くらいの講師が多いイメージです。スクール別でも触れましたがQQEnglishの講師は全員TESOLを持っていて、若くても落ち着いた印象の人が多いです。

日本人カウンセラーに相談しながら受講したい人は、レアジョブDMMオンライン英会話Native CampQQEnglish

レアジョブは、有料の安心パッケージに加入することで、カウンセラーと目標に向けたカリキュラムを決め、レベル確認テストを割引価格で定期的に受験でき、カリキュラムの再編などを相談して進めていけます。

Native Campはレッスンと同様に空いていればすぐ、または予約(カウンセリングの予約はコイン不要)で受けることができます。

DMMオンライン英会話QQEnglishは問い合わせフォームからの問い合わせになります。QQEnglishでは何度か問い合わせしましたが、時間内であれば、数分、遅くても数時間で返信をもらえました。

まとめ


引用元:NewsWire
いかがでしたか?少し雰囲気を感じていただけたでしょうか。もちろん講師は仕事なので甘えてはいけませんが、少し話を聞き出してみたら、ある講師は「毎日どんな性格かわからない人と向き合い、話し、教えることは難しく感じることも多く、中にはとてもおとなしい人もいて、困ってしまうこともある。」と言っていました。その上、☆の数で評価を付けられてしまうのですから、どの講師も一生懸命です。

こちらも一生懸命学びたいという姿勢を見せれば、講師も一生懸命応えてくれます。何も心配はいりません。

An attempt is sometimes easier than expected!
案ずるより産むが易し!

オススメなオンライン英会話3選

オススメ 【体験談】オンライン英会話の無料体験を8社受けました。選び方とは

オススメ 英語の基礎学習にオススメなアプリ30選【iPhone・Android】

komitta

主婦業、仕事、子育ての傍らコツコツと英語学習を続けてきました。翻訳のお仕事もさせていただきながら、現在も英語学習継続中です。TOEICは920点を取得しています。具体的な夢や目標があれば、語学学習も頑張れます。「フランスを拠点に、夫婦で海外の美しい競馬場を巡り、イギリス、ウエストエンドでミュージカルを堪能する」そんな夢の実現に向けて、フランス語学習にも励んでおります。

スポンサー