英語上達において大切なことは『目標』と『継続』です【丁寧な解説】

楽しく英語学習

英語の上達はいつ実感できるのでしょうか?
そもそも英語が上達するとはどういうことなのでしょうか?

時には、いつも以上の努力を自分に課してみるのも「実感」に近づく一つの方法かもしれません。英語力アップを実感するための学習について考えてみました。英語力アップを実感し、英語学習をより充実したものにしましょう。

スポンサードサーチ


英語上達を実感するとはどういうこと?

スポーツ経験のある人はイメージがわくと思いますが、例えば長距離走。私は学生の頃、競技スキー部に所属していました。夏場はひたすら筋力トレーニングと走り込みです。今ほど皇居の外周ランニングが流行っていない時代でしたが、スキーシーズン前になると、各校のスキー部対抗皇居駅伝大会というのがありました。

1週5キロを4人でつなぐ20キロ駅伝です。大会に向けて練習で走りに行くのですが、最初は30分切ることもできませんでした。それでも最初のうちは走る度に記録(自分の)は更新され、何もないところから一気に持久力の向上を実感できました。

ところが、27分を切れるかどうか、というところで伸びはストップしました。同じようなタイムをウロウロするようになり、自分なりにインターバルトレーニングなどを取り入れ努力を続けると、再びタイムが伸びるようになりました。

ここからも一気には伸びません。その度に練習方法を工夫して、少しずつ着実にタイムを伸ばしていきました。27分を切ることを目標としている時は、27分59秒から27分01秒になったとしても、伸びはあまり実感できないのに、26分59秒になると、達成感と満足感、持久力アップも実感することができたので不思議なものです。

多分、英語学習もこれと同じだと思います。真面目に勉強を始めれば、最初は一気に文法や単語などある程度吸収でき、英語力向上を実感するでしょう。でもその後、勉強法に行き詰ってしまったり、単語を覚えることに疑問を感じてしまったり、効率的に英語力を伸ばす方法を模索し始めることになると思います。

悩みながらでも学習を続けることで、実力は上がっているけれど、ある時点を越えるまで、それは実感できないものなのだと思います。

英語上達に大切なものは「目標」と「継続」

ここで大切なことは、「目標を持つ」ことと「続ける」ことです。

目標は「英語がペラペラになる」というような抽象的で大きな目標ではなく、この単語帳を3回繰り返そう、1ヶ月毎日単語を10個ずつ覚える努力をしてみよう、毎日10分は必ず英語を聞こうなど具体的で実現可能な目標にして下さい。

私のマラソンで言えば、27分の壁、26分の壁、25分の壁とその都度近い目標を設定することです。実は私の最終目標は「25分を切る」だったのですが(陸上部ではないのでこんなものです)、最後は「22分を切る」ところまで目標とすることができました。でも、これは達成せずに引退しました。

陸上選手には全く敵いませんが、スキー部の女子の中では「まあまあ」なところまでいき、チームも銅メダルを取りました。今思えば、やはり一番大切なことは走り続けたことだったと思っています。

英語を勉強していて感じることは、ネイティブや帰国子女にはなれなくても、自分なりの「まあまあ」を目指して、一歩一歩「目標」に向かって学習を「継続」することが何より大切だということです。

短期集中型の英語学習

英語は勉強したいし、継続が大切なこともわかってはいるけれど、はっきりとした目標も持てず、ダラダラと続けることに少し疲れてしまった。インプット学習はある程度できているけれど、発音にコンプレックスがあって英会話がのびない。少し刺激がほしいけど、留学までする時間はない。そういう場合もあると思います。

なかなか、上達を実感するきっかけをつかめない人には、短期間めちゃくちゃ一生懸命勉強してみるというのも一つのきっかけ掴みになると思います。

なんとなく学習がマンネリ化してしまい、刺激がない時、少し刺激を与えてあげることで前向きにリフレッシュして、気持ちを新たに学習に取り組むことができます。
また、ある程度の基礎学習ができている人は、短期集中で覚悟を決めて頑張ってみることで、これまでの基礎学習を次の段階まで押し上げることができるかもしれません。

短期学習には色々な方法が考えられます。

1.独学
2.英会話スクールの短期集中講座
3.パーソナルトレーナーと学ぶ短期集中スクール
4.オンライン英会話

短期集中学習なので、独学の場合、日頃の学習より少し厳しい学習を課さなければなりません。1ヶ月間、必ず3時間は英語に向き合う、1冊の問題集を1ヶ月で3回繰り返すなど、自分で目標をたてて進めることも考えられますが、多分それができないので悩んでいる人が多いのが現実だと思います。

意志が問われることになりますが、私は独学もお勧めします。誰の力も借りずに自分で取り組むことで、自分に厳しくなりますし、やり終えた達成感は格別です。

でも、忙しくて一人ではとてもできないという人も多いですよね。それも普通のことです。そのような人は、スクールやパーソナル系スクールである程度強制的に学習してみるのもいいかもしれません。費用がかかる分、「元を取りたい」という気持ちも働くはずです。

パーソナルトレーナーと学ぶ短期集中スクール

最近人気を集めているのが、パーソナルトレーナーが学習を後押ししてくれる短期集中型のスクールです。2~3ヶ月間の短期集中型で、一気に英語力を引き上げることを目的としたスクールです。通学以外の時間帯も、パーソナルトレーナーと学習の進捗状況を確認しあったり、トレーナーが学習素材をスマホを通じて送ってくれたりと、一人ではないので効果をあげている人も多いようです。

ライザップイングリッシュ

「結果にコミットする」ライザップのスクールです。最短2ヶ月で英語力を鍛え上げます。ライザップのイメージ通り、専属トレーナーと個人専用カリキュラムでトレーニングを摘んでいきます。

» ライザップイングリッシュ

TOKKUN ENGLISH

2ヶ月間の専属コーチによるマンツーマン指導で、学習はもちろん目標設定から学習状況の把握まで徹底サポートをします。1日3時間以上の学習時間を確保し、学ぶ習慣を身につけます。2ヶ月修了後も自ら英語学習を続けられるようにアフターフォローもしてくれます。

» TOKKUN ENGLISH

ENGLISH COMPANY


「学習を習慣化する」ことに科学的なアプローチで、結果ではなく、行動に注目することで負荷なく継続することができるという考えに基づき、パーソナルトレーナーと学習を進めます。詳細は【ENGLISH COMPANY】3ヶ月で新しい英語の世界が見えてくる! をご覧ください。

» ENGLISH COMPANY

スパルタ英会話


名前が厳しそうですね。3ヶ月以内で英語が話せるようになることを目標としたスピーキングに特化したスクールです。1ヶ月から4カ月のコースがあります。マンツーマンはもちろんグループレッスンも受けられます。

» スパルタ英会話

レアジョブ英会話本気塾


オンライン英会話で有名なレアジョブのスクールです。個別のニーズにあわせてオーダーメイドカリキュラムが作成可能です。帰国子女や留学経験者ではなく、厳しい社内研修と試験をクリアした自分も英会話学習で努力して英会話を身につけたトレーナーなので、学習に対する経験も豊富です。オンライン英会話も毎日1~2時間のレッスンが受けられます。

» レアジョブ英会話本気塾

他にも、オンライン英会話を利用して、少しでも英語のアプトプットの機会を増やす学習もお勧めです。

オンライン英会話についてオンライン英会話の記事一覧でテーマ別にたくさん紹介しています。

短期講座のある英会話スクール

ここでは英語の上達のきっかけ作りに役立つ短期集中コースで英語が学べるスクールを紹介します。
マンツーマンなどは、費用もそれなりにかかりますが、その分講師も責任をもって協力してくれますし、一つの壁を越え、自信をつけることができれば、その後の独学の方向性も自ずと見えてくるものです。

ECCグローバル・コミュニケーション集中コース


グローバル・コミュニケーション専科(1日4時間×週5日)のダイジェスト版として、週末(週1回4時間×10回で1ターム)又は平日の夜(週2回2時間×20回で1ターム)に学べるグローバル・コミュニケーション集中コースが開校されています。英語の基本を固め、定着させ、実践的に使えるようにします。

» ECCグローバル・コミュニケーション集中コース

ベルリッツ短期集中プラン


個人の都合に合わせて、1日、1週間、1ヶ月など、目的に合わせたレッスンが受講可能です。「1日英語漬けコース」では、午前中に5レッスン、昼食も講師と一緒にとりランチタイムレッスン、午後も18時過ぎまで5レッスンと、コース名通り、英語漬けの1日を過ごすことも可能です。

» ベルリッツ短期集中プラン

Gaba短期集中コース


Gabaの短期集中コースは、1ヶ月または2ヶ月、回数も20回、30回、45回から選べます。仕事、プライベート、旅行、留学など、個人の目標に合わせてカスタマイズしたレッスンで学習できます。例えば、2ヶ月間、1日おきに30回通ったり、1ヶ月の20回プランを1日5レッスン×4日間で集中的に学ぶなど、都合に合わせた受講が可能です。朝7時から開校しているので、仕事の前の受講も可能です。

» Gaba短期集中コース

NOVA短期集中週末留学コース


NOVAの短期集中コースは、1日2レッスンで完結する発音、文法などのテーマ別コースから12回完結のトラベル英会話など、弱点や目的に合わせた受講が可能になっています。
また、定期的に『週末留学』と称して、英語にみっちり漬かれる週末講座を開講しています。12レッスンに加え、ネイティブ講師と一緒に夕食をとりながら英語を話すなど、英語漬けの週末を送れるコースもあります。

» NOVA短期集中週末留学コース

まとめ

努力するって大変です。中には努力することが得意な人もいるようですが、私はサボることの方が得意です。たまたま駅伝で努力した話などをしましたが、後にも先にも走ることを頑張ったのはあの時だけで、これだけランニングブームだというのに今は全くやる気になれません。

そんな私もある時から英語学習だけは頑張ってきました。きっかけは、子供が手を離れ、英語を少し本気でやってみようと思った時、思った以上に長年ぼちぼちと続けてきた英語が身に付いていることを実感したことでした。

一番のポイントは「苦」とは思わなかったことだと思います。勉強すればするほど、むしろどんどん英語に触れたくなって、「勉強しなきゃ」というより、「せずにはいられない」という気持ちになっていきました。たぶん、「身に付く実感」が「自信」となって、どんどんプラス方向に働いたのだと思います。少し余談になりますが、英語のいいところは、英語に向き合っていると家族も認めてくれることです。同じ「やめられないこと」でも、ゲームをしていて家事をサボったら文句を言われますが、英語だと「仕方ない」という雰囲気になります。英語学習はいいことばかりです!

短期学習スクールを紹介しましたが、長い目で見た英語学習のインターバルトレーニングとでもいうのでしょうか。ぼちぼち進める学習と、負荷をかけた学習、そしてまたぼちぼちの学習で定着させ、また負荷をかける。そんな感じで学習を進めると、確実に上達を実感できるかもしれません。

学習方法に決まりや絶対はありません。ご自分に合った方法で学習を継続し、上達を実感して、それを自信にしていきましょう。

オススメ 【体験談】オンライン英会話の無料体験を8社受けました。選び方とは

オススメ 英語の基礎学習にオススメなアプリ30選【iPhone・Android】

komitta

主婦業、仕事、子育ての傍らコツコツと英語学習を続けてきました。翻訳のお仕事もさせていただきながら、現在も英語学習継続中です。TOEICは920点を取得しています。具体的な夢や目標があれば、語学学習も頑張れます。「フランスを拠点に、夫婦で海外の美しい競馬場を巡り、イギリス、ウエストエンドでミュージカルを堪能する」そんな夢の実現に向けて、フランス語学習にも励んでおります。