【ENGLISH COMPANY】3ヶ月で新しい英語の世界が見えてくる!

英会話教室

1年以上前だったと思います。オープンしたての、ある英語学習教室のサイトを見つけました。

お洒落なカフェを思わせる、シンプルだけれど居心地の良さそうな空間の画像に、ENGLISHという文字を中心に置いたロゴ。塾とも家庭教師とも違う、新しい学習スタイルが興味深く、とても印象に残りました。

ふと思い出して、アクセスしてみたところ、オープン時とサイトのイメージもコンセプトも変わらないまま、パワーアップしたENGLISH COMPANYのサイトを見つけました。

スポンサードサーチ


あなたの3ヶ月を「英語の3ヶ月」にしませんか?


この言葉はENGLISH COMPANYのサイトにあった言葉です。私自身、「覚悟を決めた3ヶ月間」が今の自分を作っていると言えるので、共感すると共に、親近感を持ちました。

私もある時、趣味の域を出ることがなかった英語を「3ヶ月間必死に頑張ってみよう!」と決心しました。

家族の理解も得て、自習室に登録し、仕事帰りは毎日10時まで勉強。通勤時間や昼休み、隙間時間も活用して学習に励みました。もちろん思うように出来ないこともありましたが、とにかく続けました。私は決して意志の強い人間ではありません。でも家族に不便をかけてやっているのだから、という思いが強く、私の場合は、家族の存在が継続するための大きな力となりました。

この3ヶ月間の努力で、何十年も越えられなかった英語の壁を越え、学習対象でしかなかった英語が、言語としての英語となった実感を得ることができました。

ただ、独学だったため、効率的な学習方法もわからず、文法書、参考書、試験対策など、インプット中心の学習でした。もっと効率的な学習方法に出会っていたら、今より数歩前を歩けていたかもしれません。

3ヶ月で生活ベースを家庭に戻しましたが、もちろん学習はその3ヶ月で終わりではありません。でも、壁を越えたことで、進むべき道が遠くまではっきり見えるようになり、以前のように続かない学習をダラダラと続けてしまうことはなくなりました。

ENGLISH COMPANYの魅力

そんな思いもあり、ENGLISH COMPANYについて少し調べてみることにしました。公平な目で調査した結果ですが、私見も入っていますので、興味を持った方は最終的にはご自身でご確認ください。

ENGLISH COMPANYによれば、英語を身につけるために必要なことは、「正しく効果的なトレーニングを行うこと」そして「それを十分な時間行うこと」ということです。とてもシンプルですが、ほとんどの人は、それが出来ないから悩んでいるのだと思います。

楽しくて止められないこともあれば、続けたいと思っていても続けられないこともあります。英語学習で悩んでいる人にとっての英語は、後者ということになりますね。ENGLISH COMPANYの面白いところは、「やりなさい」と言うだけでなく、実際に「行うこと」、「続けること」の難しさに着目し、続けるためのサポートを、手を尽くして行ってくれることです。

継続して学ぶ環境を整えてくれる

個別にトレーナーが付き、英語力の弱点を見抜いた上で、効率的な学習法を提案し、生活ペースなども考慮した学習時間確保のアドバイスまで行います。スタジオレッスン以外の時間もフォローし、3か月間一緒に走り続けてくれます。そして、そのサポートは単なる叱咤激励などではなく、科学的裏付けの下、行われるものです。

『第二言語習得研究』の知見をベースとした本格的なトレーニングが受けられる

続けられる環境が整えば、どのように走り続けるのかも大切です。第二言語習得研究とは、第二外国語を身につけるためのメカニズムを研究する学問だそうです。中学生から英語を重要科目として学習してきたにもかかわらず、その学習を活かしきれていない現状に問題意識を感じてしまう私たちにとっては、とても興味深い研究ですね。

この第二言語習得研究について『PRESIDENT』2017年4月17日号で紹介されています。「努力しても、できるようにはならいことがある」とはっきり言っていることが印象的でした。「できるようになること」と「できるようにならないこと」を科学的に分析し、「できること」をいかに効率良く習得するか、脳科学的の知見からも解説されています。

PRESIDENT (プレジデント) 2017年 4/17号 [雑誌] Kindle版

PRESIDENTでこの第二言語習得研究を紹介しているのは、日本における、この研究の第一人者である立命館大学大学院の田浦秀幸教授ですが、ENGLISH COMPANYは田浦教授の著書にも、この研究に基づく効果的なトレーニングを行う先駆的な英語スクールとして紹介され、書籍の発行に協力しています。

科学的トレーニングで英語力は伸ばせる! (マイナビ新書) 新書

全く効果がないとは言いませんが、あたかも簡単に、ネイティブとの会話に困らない英語力が手に入るかのような謳い文句の教材が、世の中に溢れていることに疑問を感じることも多いので、科学的根拠を示して学習法を提案してくれるのはありがたいことです。
» 英語のパーソナルジム ENGLISH COMPANY

「習慣化の科学」とパーソナルトレーナーの存在


学ぶ環境を整え、継続をサポートしてくれる具体的な存在が、パーソナルトレーナーです。でも同時に、信用できるのか?という疑問も生じました。対面で受ける指導時間が限られている中で、指導時間以外の時間のサポートを、どのように行ってくれるのかが気になります。厳しく課題を課されたりするだけでは、少なくとも私のモチベーションは上がらないと思ったからです。

「習慣化の科学」

そこで調べてみるとENGLISH COMPANYでは「学習を習慣化する」ということに、科学的なアプローチをとっているということがわかりました。結果ではなく、「行動だけ」に注目するということで、負荷なく行動を継続することができるという考え方です。この学問の知見を得るために、専門家のコンサルティングを入れているそうです。

私はこのような学問は知りませんでしたが、この視点から考えると、仕事で遅くなった日も、気が進まない日も、たとえ学習が捗らないことがわかっていても、取り敢えず自習室に通い続けたことが、私にとって学習継続の鍵だったように感じました。「行っても捗らないから今日はいいや」となってしまったら、「今日もいいや」と簡単に思ってしまったかもしれません。

もちろん、ENGLISH COMPANYは英語ジムなので、結果を軽視しているわけではありません。「行動」を積み重ねていくことでTOEICスコアアップなどの「結果」は当然のこととして着いてくるということなんですね。

パーソナルトレーナー

英語学習を始めるきっかけや目標は様々だと思います。性格や能力にも個性があります。
このシステムは、パーソナルトレーナーの裁量による部分が大きいと感じます。

個人個人に対応するために、研修では、第二言語習得研究に基づく学習の進め方だけでなく、受講者にトレーニングを「継続」してもらうために、習慣化の科学の視点から、トレーナーとして、どう働きかけるのかという部分にも重点を置いているそうです。

受講者とトレーナー、信頼関係を築くことが大前提にあることは間違いないと思うのですが、スタジオで行われるトレーニングは45分×2コマの90分が週2回です。3ヶ月間で、アプローチ方法も段階を踏んで進化していくようです。

時間だけ見ても、一般的な英会話教室などと比べるとかなりの時間になるとは思いますが、「英語の3ヶ月」というからには、もちろんスタジオトレーニングだけで学習すれば良いというものではありません。トレーナーは、家庭での学習について提案してくれるだけでなく、スタジオレッスン以外の時間も、ラインを使って、常に学習を見守り、フィードバックしてくれます。

個々によって必要となる学習は違うと思いますが、例えば具体的に以下のようなことです。

毎日シャドーイング練習の音声を送られてくる
↓
受講者は練習後、自分の音声を録音して返信
↓
ポイントや問題点の指摘、発音練習なども交えた音声フィードバックがされる

※更に、『なかなか覚えられない単語の意味のリマインド』と『日々の学習結果の確認やフィードバック』もあります。

シャドーイングなどの学習法についても、正しいやり方、ポイントをその都度丁寧にフィードバックしてもらえるので、それを励みに、忙しい時も、頑張って続けられたという声が多いようです。

正しいやり方でシャドーイングを行い、英語の音声変化、抑揚、イントネーションをマスターすることで、英語をかたまりで感覚的に捉えられるようになり、リーディング力も上がるということには驚きましたが、言われてみれば確かに納得できることです。

個人に合わせたアドバイスもある

もちろん学習だけでなく、個人の生活ペース、個性を考慮し、学習時間の作り方のアドバイスなどもしてくれます。

例えば、忙しく時間が取れない人には、ちょっとした隙間時間でできる学習法を提案する。決められた学習より、自分で決めた目標の方が頑張れる人には、ノルマを自分で決めて実行してもらう。また、入浴時間を学習に活用したい人には、入浴剤や教材を入れるジップロックまで渡したそうです。

入浴剤がある➡もったいないから、もう少しゆっくりつかりたい➡やることがないから音読をする➡お風呂上りに練習成果を録音して送るとフィードバックがくる➡明日も頑張ろうと思える

このような、ポジティブなスパイラルに上手に持ち込むアドバイスは、「始めやすくする」「取り掛かるハードルをさげる」ことを重要視しながら、専門家と話し合って構築していくとのことです。

学習について、もっと詳しく知りたい方は、公式サイトに受講者の方のインタビューが載っています。
» 英語のパーソナルジム ENGLISH COMPANY

ENGLISH COMPANYを利用して自分へ投資する価値はある?


システムは素晴らしいと思うのですが、やはり気になるのは費用です。

授業料は、入会金50,000円、1ヶ月分150,000円(いずれも税別)となっています。3ヶ月集中プログラムなので、3ヶ月分の授業料が必要になるわけです。金額だけ聞くと、この時点で諦めてしまう人もいるかもしれません。

でも冷静に考えてみると、ENGLISH COMPANYでは、3ヶ月で45分×48回=2160分ものトレーニングセッションを行います。従来型の英会話学校では週1回50分程度のトレーニングを行うことが多いようですから、単純計算で約1年分のトレーニングを3ヶ月間に凝縮して受けられるということです。そこに、その3ヶ月間で最大限に効果を引き出すための、トレーナーによる進捗サポートが加わります。個々にカスタマイズされたトレーニングが受けられる他社スクールと比較してみても、この授業料は、決して割高なものではありません。教材費も含まれているので安心です。

とはいえ、これだけの費用を捻出するのは決して楽なことではないでしょう。「それだけの価値があるのか?」と聞かれたら、ありきたりな回答になってしまいますが、「本人次第」としか言えません。

他の手段と悩んでいる人は次のようなことを、よく考えてみてください。

独学

自分で試行錯誤しながらの学習になるため、遠回りになるかもしれませんが、独学に挑戦してみたい人は、迷わず今すぐ始めましょう。

一般的な英会話のビジネスコース・TOEICコースの場合

マンツーマン、グループと形態は色々ですが、週1回1時間程度の授業を受けて学習する場合、大切なことは「受け身」にならないことです。授業で教えてもらおう、という考え方では上達は期待できません。次の授業までに十分な予習復習を含めた学習時間を取り、自らの学習リズムを確立し、その一部に授業を置くという気持ちでなければ、十分な効果を得ることは難しいと感じます。独学で足りない部分を授業が補うイメージでしょうか。

その上で、ENGLISH COMPANYに3ヶ月500,000円(入会金含む)という金額をかける価値に悩んでいる人は、次のポイントを考えてみてください。

私は、このようなことをじっくり考えてみることは、自分が挑戦しようと思っていることをよく理解し、それに向き合う心構えを持つことに役立つと思っています。「ちょっと高いけど、なんだか良さそう」という漠然とした気持ちでは、始まってからのエンジンのかかり方も違うのではないでしょうか。

明確な目標があるか

何かしらの目標、或いは力不足の状態から脱却し高みを目指したい、といった理由があるからこそ、こうして悩んでいるのだと思います。こうなりたいという明確な目標がある人が、その目標を達成できれば、500,000円に付加価値をつけて取り戻すことは難しいことではないかもしれません。

3ヶ月続けるとはどういうことか

500,000円を取り戻すからには、目標とする自分に到達しなければなりません。ディクテーション音声を送ってもらっても、入浴剤をもらっても、それを活用できなければ意味がありません。効率的に進められないとなれば、もちろんトレーナーはあの手この手と考えてくれますが、3ヶ月間走り続けるのは自分自身です。トレーナーは道を示し、後押しをしてくれる存在です。

3ヶ月終了後も自分を更に高めていく意欲があるのか

3ヶ月で到達した目標は、最終目標ではありません。この3ヶ月は更なる高みを目指すための英語力の確固たる土台をつくる3ヶ月です。その土台に、いかに英語力を積み上げていけるのかは、その土台を手に入れた後の自分にかかっています。

自分に投資するとはどういうことか

高額な費用をかけた分、取り戻すために必死に頑張れるという人も多いと思います。でも中には、費用をかけたことに満足し、黙っていてもそれだけの見返りがあるように感じてしまう人もいるかもしれません。何度も同じことを言うようですが、費用をかけたから、トレーナーが努力なしに英語力がつく方法を教えてくれるわけではありません。500,000円を自分に投資して、更に、時には辛いと感じる努力をして自分を成功に導くということです。その費用を「安かった」と見るか「高かった」と見るかは、自分自身にかかっています。

目的意識をしっかり持っているか

英語学習の目的は何ですか?学習の目的はTOEIC900点越えではなく、得た英語の知識を、コミュニケーション手段として使いこなすことです。TOEICスコアアップだけを目的とするのであれば500,000円はもったいないと思います。ENGLISH COMPANYでは、TOEICは指標の一つにはなっても、学習の目的とは考えず、本人が希望しない限り、そのためだけを目的とした指導は行っていないそうです。

スクールのシステム、方針、トレーナーを信頼できるか

この500,000円には、3ヶ月間のスタジオでのトレーニングの他に、トレーニングスペースの利用料、その他教材費、進捗サポートが含まれています。英語学習をする環境は、ほぼ全て整えてもらえるということです。後はトレーナーに道案内してもらったり、並走してもらったり、時には自分の寄り道に付き合ってもらうこともあるかもしれません。このトレーナーや提案された学習法などを信用できないと、学習そのものに向き合うことができません。学習法や教材、システム、トレーナーに関して、もし疑問に感じたことがあれば理解、納得できるまで話し合う必要があります。

最後の点に関しては、スクールやトレーナーとの相性の問題になるので、自分の決心だけではどうにもなりません。「1ヶ月無条件返金保証」といって、1ヶ月以内であれば、文字通り無条件で初回納入金額を返金してくれる制度があるので、自分に合わないと思った時は、返金を求め辞めることも可能です。

3ヶ月500,000円という学費にもかかわらず、オープンと同時に、入ジム希望者は順調に増えているようです。トレーナーの育成、スタジオの増設も勧めていますが、現在では、数百人が順番を待っている状態だそうですよ。
» 英語のパーソナルジム ENGLISH COMPANY

代表に聞いてみました!

ここまで書いてきて、ホームページや調査だけではわからない疑問点がいくつか生まれたので、思い切って岡代表に聞いてみたところ、とても丁寧に対応していただきました。伺ったお話しを代表の言葉で紹介します。

komitta

個々の弱点を見抜き、個別にカリキュラムが組まれるようですが、どのような方法で弱点を見極めるのですか?

代表

まず、TOEIC受験経験がある方は、その分野別スコアから、ない方は実力測定を行い、その結果から大まかな特徴をつかみます。その際、これまでの学習歴なども考慮しています。

非常に多岐に渡る内容になるので、ここからは例をあげて具体的に説明させていただきますが、例えばディクテーションを通したトレーニングで、他は大体書き起こせるのに、一部だけ全く聞き取れないという生徒さんがいたとします。この様な方は、ネイティブの「音声変化」ルールの知識がないことが疑われますので、どのパターンはできて、どのパターンができないのかをチェックし、そのルールを説明し、練習して習得してもらいます。

他にも長めの英文を聞いて、ところどころしか理解できない生徒さんの場合には、重要単語を確認してもらい、再度英文を聞いてもらいます。これで理解度が向上すれば、語彙力にも問題があったということですね。次に聞いた英文を文字で見ていただきます。これにより理解度が格段に上がれば、音声知覚か音声情報処理のスピードに弱点があることがわかります。この際ディクテーションができるようなら、音声知覚より処理スピードに弱点があるということになります。

ただ、英語の能力というのは、「できる」「できない」がはっきりしているわけではないので、このような手順を踏みつつ、総合的に判断していきます。

komitta

第二言語習得研究に基づく学習法とのことですが、どのようなものか簡単に教えていただけますか?

代表

第二言語習得研究は、人がどのようなプロセスで第二言語、いわゆる外国語になりますが、それを習得していくのかを研究する学問領域です。どの段階の人に、どのようなトレーニングを、どのようなレベルで行うのかが非常に重要と考えています。

第二言語を習得する際には、いくつかの段階があります。最初の段階では、読んだり、聞いたりすればわかる知識、いわゆる受容知識を増やすことが重要だとされています。英語の4技能のうち、「読む・聞く」つまり受容スキルを上げることも初期段階に必要なことです。その土台ができてからは「書く・話す」に関するスキルを重要視することになります。

日本人は受験勉強などを通して英語知識はあるものの、受容スキルが十分でないので、その知識を使いこなせない方が多い状況です。そのためENGLISH COMPANYでは、その段階の方には、受容スキルを高めるためのトレーニングを行っていきます。

学習法としては「ディクテーション」「リピーティング」「シャドーイング」などが挙げられますが、どのタイミングで、どの難易度のものを使ってトレーニングするのかを、個別に調整しながら進めて行きます。

komitta

ホームページの、「高校生だったみなさんが英語に費やした時間は、決して無駄ではありません。みなさんがもつ、その知識をきちんと『使える』ものにする方法はあります」、という言葉を印象的に拝読しましたが、私たちは学習をリセットしたり、新たな知識をインプットすることばかり考えてしまいがちですが、すでに持っている知識を効果的に活かせることは魅力ですね。

代表

ENGLISH COMPANYは大学受験の予備校からスタートしているので、日本人がどのような学習をしてきたかを熟知していることも強みになっています。

komitta

自分の英語力でついていけるのか、不安に思う方も多いと思いますが、3ヶ月で効果を実感するには、始める時点でどの程度の英語力があることが理想でしょうか?

代表

ENGLISH COMPANYのトレーニングで効果がでやすいのは、TOEICで言えば450点から600点くらいだと想定しています。このレベルがまさに、英語の知識はあるのに使いこなせていないというレベルです。450点以下の方はトレーニング以前の基礎知識強化が必要な状態なので、基礎力強化を優先していただいた方が良いかと思います。逆に800点を越える方は、受容スキルはお持ちだと思うので、Skype英会話などを利用していただく方が、コストパフォーマンスが良いと思っています。

komitta

ENGLISH COMPANYのシステムでは、トレーナーが重要な役割を担うと思いますが、採用方法について具体的に教えていただけますか?

代表

もちろん優秀なトレーナーを採用することは非常に重要なことなので、採用には力を入れています。ただ、採用の手法がビジネス競争力の最も大切な部分ですので、申し訳ありませんが、具体的なことはお答えすることができません。

komitta

それだけ優秀なトレーナーの採用がENGLISH COMPANYの核になっているということですね。
では、トレーナーと受講者はどのようにマッチングされるのでしょうか?e-lifeの読者の方は若い女性が多いと思うのですが、女性の受講者が、女性のトレーナーを指定することなどは可能ですか?

代表

マッチングについては、体験授業やヒアリングを通して、アサイン担当者が判断し、行っています。個人の指名はできませんが、性別についてはご相談ください。

komitta

やはり皆さんが気になるのはトレーナーとの相性だと思います。もし、トレーナーと合わないと感じた場合、どうしたらいいですか?

代表

そのような場合は、お申し出いただければトレーナーを変更いたします。トレーニング手法については、差がでないよう入念な研修を行っておりますが、人間同士なので、どうしても相性による変更希望がでることも現実に起こります。不安を感じた場合は、遠慮なさらず早めにご相談いただければと思います。

komitta

月謝以外に、費用がかかる場合はありますか?

代表

ありません

komitta

最後になりますが、「英語の3ヶ月」を成功させるために、受講者が一番大切に考えるべきことは何でしょうか?

代表

ご自身でお考えの学習法と、トレーナーの言う方法が違う場合もあるかと思いますが、ENGLISH COMPANYの特徴をご理解いただき、ご入会いただけたのであれば、当ジムを信じ、トレーナーの提示した方法を、そのままお試しいただけることが、成功への近道だと思います。

まとめ


ENGLISH COMPANYについて紹介してきましたが、新しい学習方法の提案として何か感じていただけたでしょうか?私は経験していないので、体験談は書けませんが、これまでの自分の学習経験からも、大きな可能性を感じています。

3ヶ月では何も変わらないと思っていませんか?私は自分なりの3ヶ月間をきっかけに、大きく生活が変わることになりました。たかが3ヶ月、されど3ヶ月!「英語の3ヶ月」を経験してみてはいかがでしょうか!
» 英語のパーソナルジム ENGLISH COMPANY

※先日、e-Lifeで紹介したTED動画に、Try something new for 30 daysという動画がります。とてもシンプルな提案が短く軽妙に語られています。何かを始めるきっかけになるかもしれません。是非英語学習を兼ねてご覧ください。
» 【TEDで英語学習】人生を豊かにするIdeaを英語で楽しもう!【動画】 | e-Life

オススメ 【体験談】オンライン英会話の無料体験を8社受けました。選び方とは

オススメ 英語の基礎学習にオススメなアプリ30選【iPhone・Android】

komitta

主婦業、仕事、子育ての傍らコツコツと英語学習を続けてきました。翻訳のお仕事もさせていただきながら、現在も英語学習継続中です。TOEICは920点を取得しています。具体的な夢や目標があれば、語学学習も頑張れます。「フランスを拠点に、夫婦で海外の美しい競馬場を巡り、イギリス、ウエストエンドでミュージカルを堪能する」そんな夢の実現に向けて、フランス語学習にも励んでおります。