「思っていたのと違う!」とならない為の、留学のための心構え

留学

海外留学について現実的に考えてみませんか?漠然と「留学してみたいな」と考えているだけでは、なかなか夢を実現させることはできません。

具体的に考えてみて、自分の目標をノートに書き出してみるだけでも、留学がグッと身近に感じられるはずです。まずは第一歩を踏み出してみませんか?

スポンサードサーチ


海外留学準備の前に考えたいこと

海外留学を実現させるためには、学校選びや手続きなど必要となることはたくさんありますが、海外留学を成功させるために必要な心構えについて考えてみたいと思います。

なぜ留学したいのかを明確にする

なぜ留学したいのか、何を学びたいのか、をいうことを自分でしっかり確認して下さい。
海外に行けば英語が話せるようになるに違いない、かっこいい、海外生活を満喫したい、というような漠然とした考えでも、留学を実現させ、海外生活をそれなりに楽しむことはできると思います。様々な経験をして、人生を豊かにすることは素晴らしいことです。でもせっかく海外まで勇気をだして行くのですから吸収できるものは全て吸収して帰ってきたいですね。

 英語力の向上
もちろん英語圏へ留学するからには、「英語が話せるようになりたい」という一番の希望があるはずです。日本でも英語学習はできますが、やはり日本語環境に甘えてしまい、実践練習をする場所も少ないのでなかなか訓練ができません。
留学したからには、通学中はもちろん、生活すべてを英語学習の一環と考え英語環境に身を置くことを重要視したいところです。留学先の語学学校で助け合う日本人の友達がいることは心強いことですが、友達と海外旅行をしているかのような生活にならないように気をつけたいですね。

 海外の学校への進学
大学や専門学校への進学を目指したいと思う人も多いと思います。簡単なことではありませんが、厳しい学習環境に身を置けば、英語4技能を向上させネイティブの友達もでき、自分自身も大きく成長できるはずです。ただ、大学や専門学校の授業についていくには、簡単に入学できるわけではなく、それなりの英語力の証明が必要となります。このような留学を目指したい人は、まずしっかりと英語力に磨きをかけましょう。大学進学を目指した語学留学などを考えてみてもいいでしょう。

 英語を活かした仕事に就きたい
これからの時代、日本国内だけの市場で日本の経済を支えることは難しくなります。世界各地でビジネスを展開するために、グローバル人材の確保に企業も頭を悩ませています。英語力はもちろんですが、留学生活で養った国際感覚は大きな武器になることでしょう。もちろん留学しただけで、簡単に企業にみとめてもらう英語力と国際感覚が身に付くわけではありません。なりたい自分を手にいれるには、どのような仕事に就きたいのか、必要なスキルはどんなスキルなのか、目標をしっかり持ち、その目標に向かって努力を続けていかなければなりません。

 海外の文化を体験したい
海外生活をイメージすると、青い空、海辺の美しい風景、海外ならではの街並み、広い部屋、自由などを思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。留学なら、自分で滞在先を決めることができるので、気候なども含め行きたい土地で生活することが可能です。その国ならではの文化や人間性など、日本とは全く違う刺激を体験できるでしょう。ホームステイの機会があれば、ファミリーのホスピタリティに触れ、普通の生活に溶け込んだような経験もできるはずです。文化や国民性の違いを実感することで、国際感覚も身に付きます。

 視野を広げたい
漠然とした目標のように聞こえますが、実際に海外で生活してみると、自分のこれまでの価値観がいかに狭い世界で得られた価値観なのかを実感します。同時に、自分の価値観を培ってきた日本という国を外から見ることで、これまで気付かなかった多くのことに気付くことができるでしょう。その国の人が日本をどう見ているのかを知ることも刺激になります。中国や韓国と区別のついていない人も大勢いますし、日本の位置を知らない人も多いでしょう。日本料理のレストランに連れて行ってもらったら、中国風の飾りとチャイナ服の店員さん、私達からみたら日本食とは言えない日本風の食べ物を海外の人は日本食だと思って食べていることにショックを受けるかもしれません。日本について話すために日本についても勉強することになります。海外で生活することで、日本人としてのアイデンティティを自覚し、視野は自然と広がります。そのような視点を持てるようになることも留学の大きな魅力です。

 自分への挑戦
留学して自分を磨きたいという希望にあふれて海外留学する人にとっても、留学は楽しいことばかりではありません。生活習慣、食べ物、ルール、行ってみると思いがけないことでストレスを感じることになるでしょう。緊張感、言葉の壁、留学生活を楽しいと感じるまでには、多くの問題を乗り越えなければなりません。それも自分の力でです。助けを求める時も、自分で行動を起こさなければなりません。海外では、日本人のように黙っていても様子から察して手を差し伸べてくれることは期待できません。それだけに、大きな苦労を自ら乗り越えた時に得られる喜びは大きく、やり遂げたことで得られる自信はかけがえのないものです。

 気分転換
留学するからには明確な目標を持つことが大切とお話してきました。でも、場合によっては、人生の気分転換に留学を利用することがあってもいいと思います。例えば毎日に行き詰ってしまった時、息苦しくなってしまった時に、少しこれまでの世界を離れて、海外留学で新たな世界を体験し、違う努力を自分に課してみることでリフレッシュが図れる場合もあるでしょう。人生は長いです。日本では、ある程度の価値観から外れることを好まない傾向にありますが、海外では、それぞれ自分の意志で自分の価値観で堂々と生きている人がたくさんいます。勉強や就職の観点ばかりでなく、このような留学も、長い人生という観点から考えた時、自分の人生に新たな彩りを与えてくれるかもしれません。

留学中に起こるかもしれない問題点について考える

留学する時、楽しみでもある反面、誰しも不安を抱えて日本を旅立っていくことでしょう。その不安の大きさは、それぞれの性格、留学の目的などによって違いがあると思います。
行って直面してみなければ、どんな大変なことが待っているかはわかりませんが、「こんなはずではなかった」とならないためにも、良いことばかりでなく、どんな問題点が生じる可能性があるのかについても事前としっかり考えておきましょう。

人間関係

日本人同士でも、気が合う、合わないという関係はありますが、日本人と外国人では、国民性が違う上に、言葉の壁が存在することで、良い人間関係を築くには努力とお互いの理解が必要です。

 日本人の感覚は通用しない
日本人の当たり前は海外の当たり前ではありません。日本ではあり得ないことが海外では普通のことだったりします。郷に入っては郷に従え。イライラしたりすることもあるかもしれませんが、それも勉強です。

 ルームメイトなど人間関係
寮に入った場合など、他の国からやってきた留学生とルームメイトになるかもしれません。日本人ほど相手を気遣って生活してくれる外国人はあまりいないと思います。言葉が通じないことで話し合いもできず、嫌われたくないために一方的に我慢をしてしまったり、ストレスを抱えてしまうことは日本人によくあることのようです。相手は気付かないだけのことも多いので、困ったことや守ってもらいたいことがあれば、ちゃんと説明して理解を求めましょう。

 待っていてもなかなか友達はできない
友達ができることで、留学生活は一気に楽しいものになるでしょう。海外では、誰かが声をかけてくれるのを待っていても、挨拶を交わすだけ以上の友達にはなかなかなれません。英語が下手でも、笑顔で自分から声をかけるなど、積極的に自分から話しかけにいかなければなりません。

英語について

海外で生活すれば、リスニング力もスピーキング力も上がることは間違いありません。でもどこまで上げられるかは、本人の努力と意識次第です。

 語学留学のクラスにネイティブはいない
語学学校に通った場合、当然のことながら学校にネイティブはいません。でも日本人だけでなく世界中から同じように英語を学びに来ている学生がいることを知ることは刺激になります。また世界中の人と友達になることで、語学以外の多くのことを学ぶことができるでしょう。

 英語に慣れた=英語を使いこなせるではない
語学学校で英語を学び、海外で生活して数ヶ月が経てば、その街のこともわかってきて、街歩きや移動手段、生活用品の買い物などには困らなくなってくるはずです。それだけでも確かに日本にいた時から思えば大きな進歩なのですが、それだけで英語ができるようになったような気になってはいけません。帰国後進学、就職で役立つレベルの英語力を身につけるには、更なる努力が欠かせません。

 完全なバイリンガルにはなれない
日本にいると、海外で生活すれば英語がペラペラのバイリンガルのようになれると思うかもしれませんが、海外に行って、少し英語が得意になって初めて完全なバイリンガルになることの難しさを実感すると思います。私たちは日本語ネイティブとして、第二外国語の英語をどう使いこなせるようになるのかを考えなければなりません。

 授業についていけない
語学学校の場合は、レベル別クラスに別れていますし、話せなくても文法をしっかり勉強してきている日本人なので、リスニング力さえあれば授業についていけないことはないはずですが、たとえ下位レベルのクラスでも、日本の英会話スクールの初心者クラスのような授業を想像していると、慌ててしまうかもしれません。聞ければなんとかなります。出発前にリスニング力をできる限り鍛えましょう。

全体的な生活面について

友人関係、英語力と悩みは多いものですが、実は一番辛いのは、知らない土地で、一人で生活していかなければならないことかもしれません。日頃はうるさい存在だと思っても、家族といれば困った時に助けてもらえます。留学したら一人で何もかも考え、自分の意志で責任をもって行動しなければなりません。

 孤独
自分は大丈夫と思っていても、留学中は心細いことも多く、ふと孤独感を感じてしまうものです。特に最初の緊張が解けて、少し慣れてきた時は要注意です。今は家族と簡単にコンタクトもとれる時代ですが、簡単ゆえに頼り過ぎてしまうこともあるかもしれません。たまには自分の手で手紙を書いて、時間をかけて郵便でやりとりしてみるのも、心が温まるものですよ。

 プレッシャーと緊張
特に現地について学校が始まり、慣れない寮生活など、初期は緊張の連続で精神的疲労も大きいはずです。場合によっては、健康に影響を及ぼす深刻な場合もあります。無理せずリラックスできる自分なりの工夫も考えておきましょう。

 食事
案外辛いのが食事面です。海外の食事はカロリーも高く、ボリュームも多く、うんざりしてしまうかもしれません。少し行けばコンビニがあり、あらゆる種類の美味しいものが売っている日本は特別です。でもそのような食事にも身体は慣れていくものです。注意すべきは体重増加。胃が疲れた時に、ちょっとしたおにぎりやお稲荷さんなどが買える日本食屋さんなど探しておくといいですね。

 安全面、治安
治安のいい日本に住んでいると、海外では気をつけなければいけないとわかっていても、慣れてくれば過信してしまったり、少し冒険してみたい気持ちになってしまったりすることがあります。アメリカにいけば自由を謳歌したい気持ちも生まれるでしょう。でも、アメリカ人の若者が、ドラマのようにみんな自由にやりたい放題で生きているわけではありません。子供が羽目を外さないよう、案外親が厳しくみています。バーなどで出会ったネイティブは、もしかしたら普通の親が子供たちとは付き合わせたくないと思っている人達かもしれません。

留学中にトラブルが発生すると、言葉の問題もあり、本当に心細いものです。留学する時、どのように学校を選び、行き先をどのように決めるのかは個人によりますが、中にはエージェントのお勧め学校とその寮に決め、手続きもエージェント任せという人も多いかもしれません。安全面、困った時に相談できる窓口、そういうことを考えればそのような選択も一つかもしれませんが、留学するのは自分です。

留学生活の様々な苦労を前向きに乗り越えるためにも、エージェントを使う場合でも、自分がしっかり納得して自分の意志で決定していくことが大切です。留学先の学校にも、様々な相談に乗ってくれるカウンセラーのような人がいるはずですので、そのような人に、顔と名前を覚えてもらっておけば色々相談もしやすくなります。

準備とリサーチ

以上のようなことを、事前に自分なりに検討し、具体的なリサーチを進めましょう。自分が通うかもしれない学校です。英語学習も兼ねて、ホームページなどをしっかりチェックし、わからないことは英語で問い合わせてみて下さい。学校についてよく知ることで、入学後の学校生活もスムーズに進むはずです。

入学する学校について

留学期間、語学学校への入学、大学や専門学校などへの進学など、目的に合わせて考えましょう。語学学校も、大学付属型、私立語学学校など色々で、受講できるコースも様々です。学校の規模、入学条件、費用、寮の有無など気になることは徹底的に調べましょう。留学生へのサポートの厚さも留学生活を快適にすごすためには大切です。

滞在先は?

留学先はアメリカばかりではなく、イギリス、オーストラリアなども人気があります。利便性、土地柄も含め色々調べてみましょう。

費用の確保

留学にはそれなりの費用がかかります。行ってから学費を稼ぐことはできません。お金が足りない場合は、教育ローンを利用するなどして、留学に必要な費用は出発前に準備しなければなりません。

留学前に考えておくべきことを主にお話ししてきましたが、イメージが湧いてきたでしょうか?もう少し具体的な留学先情報、準備なども今後お伝えしていこうと思っています。
留学には費用もかかり、今の仕事を辞めるなど、思い切った決断も必要になる場合もあるでしょう。安全に、楽しく、有意義な留学生活を送るためにも、事前にしっかり自分自身を見つめ直し、決断しましょう。

オススメ 【体験談】オンライン英会話の無料体験を8社受けました。選び方とは

オススメ 英語の基礎学習にオススメなアプリ30選【iPhone・Android】

komitta

主婦業、仕事、子育ての傍らコツコツと英語学習を続けてきました。翻訳のお仕事もさせていただきながら、現在も英語学習継続中です。TOEICは920点を取得しています。具体的な夢や目標があれば、語学学習も頑張れます。「フランスを拠点に、夫婦で海外の美しい競馬場を巡り、イギリス、ウエストエンドでミュージカルを堪能する」そんな夢の実現に向けて、フランス語学習にも励んでおります。