格安留学のライフハック【国別の料金比較から教育の質を解説します】

留学

語学留学に少しでも行ってみたい・興味があると思ったことはありませんか?高校や大学では一部費用を負担してくれるところもあると思いますが、それでも留学にはとてもお金がかかるイメージがあります。

「留学はしたいけど、金銭的に、、、」「留学には一体いくらかかるのだろう?」という悩みをすっきりしていただくために、今回は国別に留学費用を比較し、なるべく安く語学留学のできる国と人気国での節約留学法をご紹介したいと思います!

スポンサードサーチ


1. 国別の語学留学費用【アメリカ・カナダ・オース・イギリス・ニュージー】

Traveler
留学する国としてメジャーな国での留学費用をご紹介します。

3ヵ月 半年 1年間
アメリカ 70〜120万円 140〜260万円 280〜400万円
カナダ 60〜100万円 120〜200万円 240〜370万円
オーストラリア 60〜120万円 120〜240万円 240〜400万円
イギリス 80〜120万円 150〜200万円 300〜400万円
ニュージーランド 60〜70万円 100〜130万円 250〜270万円

学費のほかに、日本からの航空費、学校での教材費や滞在費、食費など色々な事にお金がかかります。なので、特に人気国や大都市に留学をするとなると、物価が高いことが多いのでさらに金銭面に負担がかかります。

格安で語学留学ができる国はどこ?

比較的に安く留学できる国をご紹介します。

1ヵ月 3ヵ月 1年
フィリピン 20~30万 40万~80万 120万~180万
フィジー 20~40万 40万~100万 120万~140万
マルタ 20万~50万 40万~100万 120万~150万
ノルウェー 20万~50万 40万~100万 120万~150万
インド 10万~30万 30万~80万 60万~150万

このような国では、短期留学向けのプログラムが沢山あり、数週間~1か月程度の短期留学が場所によっては10万~20万ほどで出来てしまうので、費用を抑えたい人や夏休み中に短期間だけでも行ってみたいという方にはおススメです。

また、ノルウェーには、学費が無料の学校もあるのでおすすめ!ノルウェー語が話せなくても、授業は英語なので、英語学習が目的の方にはお得です。

2.留学費用が安い=教育の質が低いのか?

Education
いくら留学費用が安いからといっても、満足いく留学生活が送ることが出来なかったり、英語力の向上に繋がらなかったりしたら意味がありません。そこで、安く留学の出来る国での語学留学のクオリティを調査してみました!

1.フィリピン

フィリピンへの語学留学は、多くの留学斡旋会社も様々なプログラムを出しているくらい、今では手軽にいける留学国のNo.1といっても過言ではありません。多くの人がフィリピンでの厚いおもてなし精神や人の温かさに惚れ込み、「また行きたい!」と満足度の高い生徒さんが多いようです!
また、留学生は高確率でホテル滞在ではなく、現地の学校の寮に他の生徒さんたちと寝泊まりし、食事つきな所も多いらしいので、食費はそんなにかかりません。 

そんな人気留学国フィリピンですが、もう1つの人気の理由はマンツーマンレッスンがあることです。もし、アメリカに短期留学をしても、なかなかマンツーマンレッスンは難しく、質問したくても日本人にはとても難しいのです。ですが、マンツーマンレッスンならいつでも不明点を質問出来るだけでなく、丁寧な指導が期待できそうですよね♪

 フィリピン留学についてもっと詳しく知りたい方はこちら

フィリピン留学センター:https://www.ph-ryugaku.com/

2.フィジー

フィジーといえば、青く美しい海や恵まれた自然が広がる、緑が豊富な国です。リラックスできる空間で勉強をしたいという方にオススメです!また、アミューズメントパークやゲームセンターなど、遊べる場所が少ないためしっかりと勉強に集中できる環境が整っています。国の人々もフレンドリーで明るい性格で、イベントもよく開催されるので、英語が実際の場面で使いながら現地の人々と交流が出来るため、実践的な機会が増えそうですね。

また、多くの学生さんは寮ではなくホームステイ先に滞在する場合が多いようなので、英語だけでなく、より現地の人々や文化にも触れられる場面が多いです。また、食事に関しても、日本人好みな味付けの料理が多いらしいので、ホームシックにもなりにくいとのことでした。フィジーでもマンツーマンレッスンが行われる学校もあるそうなので、興味のある方は是非チェックしてみてくださいね。

 フィジー留学についてもっと詳しく知りたい方はこちら

フィジー留学 ランデブーフィジー:http://rendezvousfiji.co.jp/
フィジー留学SPFB:http://www.southpacificfreebird.co.jp/

3.マルタ

マルタ共和国は地中海に浮かぶ島国で、イタリアの隣のシチリア島の南に位置しています。そのため、ヨーロッパ圏からの留学生が多く、日本人留学生は少なめなので、留学期間中なるべく日本語を話したくない方にはおススメの国です。

大体の語学学校では、まずプログラムを受講する前にレベル分けテストを受け、その後レベル別にクラス分けをされ、少人数クラスで授業が行われる場合が多いそうです。そのため、自分のレベルに合った英語学習が出来ます。語学留学中は、他の学生とアパートでルームシェアをして過ごすため、まったく違った価値観や文化の人との国際交流も楽しめます。

また、交通の便が大変よく、学校後や休みの日など、現地で仲良くなった友達と街に行き、ショッピングをしたり、レストランに行ったり、時にビーチに行ったりと勉強のみならず、遊べる環境も充実しているそうです。勉強も観光もしたいという方にぴったりの国です。

 マルタ留学についてもっと詳しく知りたい方はこちら

SCHマルタ留学ドットコム:http://www.malta-ryugaku.com/
SPRACHCAFFE:http://www.sprachcaffe.com/japanese/blog-07282014.htm

4.ノルウェー

オーロラなど美しい、広大な自然に囲まれ、また北欧デザインのおしゃれなお店が立ち並ぶ魅力的な国、ノルウェーでは多くの留学生が国籍問わず、学費が無料で英語を学ぶことが出来ます。ノルウェーの教育レベルは世界的に見てもとても高く、また短期のみならず、長期の方にも学士関わらず無料なのでとてもお得。その分物価は少し他の国よりは高めですが、留学生でも週20時間まで学内学外問わずアルバイトが許可されており、物価の高いノルウェーでも安心して暮らせるだけでなく、働くことを通して実践的な英語を学ぶことが出来ます。

留学生の方たちは慣れない北欧言語や訛りに戸惑うことがあるかもしれませんが、ノルウェーの多くの学校がマンツーマン方式を取り入れているため、じっくり時間をかけ丁寧に英語を学ぶことが出来ます。そのため語学留学をしたい方にはとてもいい教育環境が整っています。長期、短期コースがレベル別に分かれており、自分にあったものを選ぶことが出来ます。

 ノルウェー留学についてもっと詳しく知りたい方にはこちら

留学くらべ~る:https://ryugaku.kuraveil.jp/country_norway/
海外留学支援サイト:https://ryugaku.kuraveil.jp/country_norway/

5.インド

インドの語学学校は都市近くにあるため、メトロに乗って数時間で有名な観光地に行けるため、交通の便がとても良いです。それだけでなく、高々としたビルが立ち並ぶ経済中心地とも近いため、インドの経済を身近に感じることが出来ます。ビジネスや経済に興味がある人には最適な立地です。

インドは現在世界でも優秀な人材の輩出率の高さで注目をされており、世界の中心国の1つにもなろうとしています。そのため“安い費用でハイレベルな教育”が得られるとのことで、近年人気を集めている留学国の1つでもあります。プネと呼ばれる都市は、治安もとてもよく安心できるため、女性留学生から特に人気な都市だそうです。

少ないですが、いくつかの語学学校は日本人が経営しているため、緊急時になにかあった際は安心です。インドはアジア圏ということもあり、クラスは他のアジア圏・アラブ圏からの留学生が多く、国際交流を楽しみながら学べるのも特徴です。また、英語だけでなく、IT留学というプログラムを紹介している留学支援団体が数多くあります。学生ですでにITについて知識がある方や、社会人の方でもインド語あるいは英語でITを学びなおしたい・興味がある方にはおススメな特殊プログラムです。

5つの格安留学国の英語教育に関するクオリティを調べてみましたが、質はどの国もよく、どこを選んでも良い環境で英語が学べそうですね!

3.留学主要国でなるべく安く留学する方法

Save Money
いくら上記5ヵ国で格安で英語が学べると言っても、“やっぱり主要留学国に留学したい”という方もいると思うので、どうしたら低価格で、かつ人気な国に留学できるかをご紹介します。

その①:ワーキングホリデーを利用する

アメリカに最初から留学しようとすると最初に語学学校や、ESLといってネイティブが取るクラスの前段階の優しいクラスを取らなくてはなりません。受講するとなると、その間には莫大な費用がかかります。また、1年間の滞在でも300~400万円もかかってしまいます。

ですがワーキングホリデーを利用すると、国やプログラムにもよりますが3か月~2年間ほど現地で働き、その稼いだお金で語学学校に通ったり家賃を払ったりしながら、英語を学ぶことが出来ます。自分が頑張って働けば1年間の費用は自分が働いた収入を差し引くとおよそ50万~100万円。なので、例えばフィリピン留学で力をつけオーストラリアでワーキングホリデーをしながら学校に通うことも可能なのです。

その②:奨学金を利用する

奨学金には留学に行く前にもらえるものと在学時にもらえるものがあります。語学留学を考えているという方には、行く前にもらえるタイプのものを申請するのが良いでしょう。行く前にもらえるものというのは、基本的に日本の奨学金機構から与えられた奨学金を指します。例えば日本学生支援機構からは7種類の奨学金が出ており、全て海外へ留学する方のためのものです。その他の団体からも色々な奨学金が下記のサイトで詳しく紹介されています。

※留学生向けの奨学金についてはこちら
海外留学支援サイト:http://ryugaku.jasso.go.jp/publication/pamphlet/

また文部科学省がトビタテ留学JAPANという支援プログラムを実施しており、留学にいきたい強い志があれば、返済不要な奨学金をもらって留学することも可能です!

※詳しくはこちら
トビタテ留学JAPAN:http://tobitate.mext.go.jp/index.html

その③:節約して生活する

一番無駄な出費を防げるのは生活費です。留学生活で慣れないこともあり、様々なことに余計にお金を使ってしまいがちです。そこで、日々の留学生活で使える節約法をご紹介します。

 1.家賃を節約する

他の仲間とアパートをシェアすると10万円以上の家賃は4~5万円ほどに抑えられます!また家具なしのアパートを選ぶと自分たちで家具を購入する必要があるため、基本的な家具(机、椅子、棚など ベッドマットのみ自費購入の場合が多い)が備え付けられている家具付きのアパートを選ぶのも良いと思います。

また、立地もポイントです!大都市に近い所に住むと、どうしても家賃は高額になってしまいますが、少し都市から離れたエリアに住むことをオススメします。

 2.食費を節約する

意外と知らない方が多いのが食費の節約法。例えばアメリカの食料品店やドラッグストア、ホームセンターではポイントカードのような会員カードを作るのが普通。


このようなクレジットカードと同じくらいのサイズのカードのタイプのものから。


小さめのものまで、お店によって異なります。このカードを作るだけで、沢山割引してもらえます。カードはお店の店員さんに聞けば、カスタマーサービスセンターまで案内してくれて、そこで名前や住所を入力するだけで、簡単に無料で作ることが出来ます。これらのカードで賢く買い物をしてくださいね!

 3.教材費を節約する

日本とは少し異なり、アメリカではほとんどの教材は中古品を買うかレンタルをするかです。わざわざ本屋さんや学校の購買で新品の教科書を買うのはレアケース!中古品やレンタルを探しても無かったら仕方なく新品を選ぶしかありませんが、なるべく費用を抑えるためにAmazonやその他のサイトで探してみましょう!

特に私のおすすめはDirect Textbookという名前のサイトで、沢山のサイトの中から新品、中古、レンタルすべての価格を比較して、どのサイトで一番安く買えるor借りられるサイトを調べて表示してくれます。

Direct Textbookのサイトはこちら:http://www.directtextbook.com/

オススメ 【体験談】オンライン英会話の無料体験を8社受けました。選び方とは

オススメ 英語の基礎学習にオススメなアプリ30選【iPhone・Android】

宮川 彩乃

1年間日本のインターナショナルカレッジに通った後、姉妹でアメリカに留学。日本人ながら英語と数学チューターとして学内で働いて生計を立てています。また、大学内で日本語クラブを設立し、日本語に興味のある生徒に日本語を教える活動をしています。また、ファッションデザインを専攻しているので、英語を学びつつ服も作っており、学内コンテストで賞をいただくほどの実力を持っています。将来は、世界にMade in Japanのお洋服を世界に届けることです。