英語リスニングをニュースで鍛える【学習方法と参考書の解説】

楽しく英語学習

この記事では、国際情勢を英語で理解できるようになりたいと思っている人に、英語ニュースの理解につながる学習のヒントを紹介します。基礎力に不安のある人は、まずは基礎力をつけることを第一に学習することをお勧めします。ある程度の基礎力に自身がついてから、こちらの学習に進んで下さい。

スポンサードサーチ


初級から中級へのステップアップ


引用元:GAHAG
どこまでが英語初級者でどこからが中級者なのか、はっきりとした線引きはありませんが、日本でいう英語初級者に、ほとんどの人が該当しているのではないでしょうか。一通り文法は勉強したけれど、3年も英会話教室に通っているけれど、上達がなかなか見えない、という人が多いのが現実だと思います。

簡単なことなら英語でコミュニケ―ションが取れる、辞書が必要だけど本や新聞を一通り読破できる、やさしめのニュースやラジオ、ドラマなら英語でなんとか楽しめる。さらに、英語学習についても「わからないから続かない」から「わかるから面白くなってきた」となったら中級に足を踏み入れたと言えるのかもしれません。

わかってくると、なぜあの頃「わからなかった」のかということについても、何かわかるかもしれませんよ。

ビギナーズ・ワールドを抜け出そう


引用元:GATAG
ビギナーズ・ワールドを抜け出すためには、今自分が持っている英語力の4技能(話す、聞く、書く、読む)をバランスよく鍛えていく必要があります。

まずは、英語の基礎力、つまり中学、高校で習う英文法を理解して下さい。例えば時制なら、現在、過去、未来、進行形、完了形など、どういうものかを理解する程度で構いません。これを会話や英作文で正しく使い分けることは簡単なことではなく、これは中級になってからも勉強し続けなければならないことです。

当サイト内でも、4技能の基礎学習の参考にしていただけるヒントを紹介していますので、基礎英語力に不安のある人は、まずは基礎力をつけることに専念して下さい。基礎力がしっかりしていれば、後々の伸びしろが広がります。

4技能の基礎学習については、下記をご覧ください。
【話す】日常英会話に使える単語帳25選【単語覚えても英会話はできません】
【聞く】英語の基礎リスニングを伸ばすための方法論+参考書とサイト20選
英語の基礎ライティングを伸ばすための参考書とサイト20選 | e-Life
【書く】英語の基礎ライティングを伸ばすための参考書とサイト20選
【読む】英語の基礎リーディングを伸ばすための学習教材とツール20選

ニュース英語のための単語力を鍛える単語帳、フレーズ集6選


引用元:山田文具店
みなさんが、特に鍛えたいと思うニュースの分野は何でしょうか?政治、経済、金融、外交、軍事、環境、芸能など、興味のある分野は様々だと思います。分野によって使われる単語も違ってきますが、ここでは、英語ニュースで使われる単語を総合的に学べる単語帳を紹介します。

ニュース英語究極単語(きわめたん)10,000―時事英語→訳語→定義・情報

政治、経済、生活&文化、社会、健康&医療の5分野の10,000語を超える頻出用語を、用語解説付きでまとめてあります。実際にニュースでよく見かける単語が厳選されていて、英単語を覚えるだけでなく、社会人としての知性も高めてくれる本です。

ニュース英語パワーボキャビル4000語

政治、国際関係、医学などのテーマ別に頻出単語4,000語がまとめられています。教科書で学ぶ英単語ではなく、実際に新聞、雑誌、ニュース、などで使われる単語力をつけて、英語力をスキルアップさせることを目標としています。CDで音声を聞きながらニュース記事の中での単語の使われ方、発音も学習できます。

ニュース英語が本当に解るボキャブラリー 決定版 (イングリッシュ・ジャーナル・セレクション)

私たちが単語を覚える時、一つの英単語を一つの日本語に置き換えて覚えている場合が多く「この単語の意味はこれだ」と訳語である日本語の意味に固執してしまいます。そのことが原因で知っているはずの単語なのに、意味が通らないということもあります。この本では、一つの単語を、その単語が持つ独特のニュアンスや語感、背景知識と共に学ぶことでニュース理解に繋げていきます。

WORLD NEWS英単語スピードマスター

政治、経済、ビジネス、生活などのジャンルまで、ニュースを楽しむのに必要な3000語が収録されています。単語はニュース使用の例文や長文と共に覚えられるようになっています。例文がすべて収録されたCDが付いているので、耳からも単語力を鍛えることができます。

英語NEWSがこんなに読める―政治・経済・ビジネス頻出順厳選の1001単語 (アスカカルチャー)

英語ニュースを90%理解できるようになることを目標とし厳選された1001単語が紹介されたシンプルな単語帳です。

ニュース英語のキーフレーズ8000 改訂増補版

経済、金融、産業、ビジネス、補遺の分野の、読むため、聞き取るために必要な基本フレーズが紹介されています。CDが付いているので、発音も確認できます。項目ごとに同義語、隣接語も多数収録されています。

ニュース英語のためのリスニング力を鍛えるCD付き参考書6選


引用元:GAHAG
リスニング力を鍛えるために、CD付きで繰り返しリスニングできる教材を集めました。
通勤時間、隙間時間を利用して、リスニング力を鍛えましょう。

CD付 トップダウン方式 ニュース英語のリスニング

分野は、災害、事故、犯罪、社会、健康、スポーツ、国際、政治、経済、環境、科学、天気と多岐に渡ります。全体から細部へと理解をひろげていく学習方法です。各ニュースのキーワードを学び、全体的な内容を把握し、細かい部分について聞き取りの練習をしていきます。

はじめての英語ニュース・リスニング ([CD+テキスト])

VOAの、基本語彙1500語で書かれた原稿を、スピードを抑えて読む英語学習者向けのニュースを利用したリスニング学習教材です。いきなりナチュラルスピードでは全く歯が立たないという人には、学習しやすい教材です。学習方法なども丁寧に解説されています。

AFN・VOA・BBCで聴く10年―2000‐2009年重大英語ニュース

2000年から2009年の10年間にAFN、VOA、BBCで放送された重大ニュースの中から厳選された64本が収録されています。現在に大きく影響を及ぼしている激動の10年間を英語で振り返ることができます。知っていると聞き取りが楽になる表現の決まり事や定番フレーズも紹介されています。

他にも、海外のニュースを利用したリスニング教材は1年を振り返るもの、月刊誌など色々でています。一部しか紹介できませんが、興味のある教材を継続的に聞くことで、必ずリスニング力はあがります。

CD付 VOAニュースフラッシュ2016年度版 (ダウンロードサービス付)

[CD&電子書籍版付き]CNNニュース・リスニング 2016[秋冬]

[音声DL付]ENGLISH JOURNAL (イングリッシュジャーナル) 2017年1月号 ~英語学習・英語リスニングのための月刊誌 [雑誌] Kindle版

気軽に英語のニュースを聞く方法


引用元:GAHAG
リスニング力アップのためには、日頃から英語を聴く習慣をつけておきたいですね。ラジオやインターネット、アプリで簡単に英語のニュースを聞く方法を紹介します。

AFN American Forces Network(米軍放送局)

AFNとはAmerican Forces Network(米軍放送局)のことで、アメリカに関する最新のニュースを中心に、1時間に1回、多くの時間帯では正時から3分間最新ニュースが伝えられます。海外基地在住の軍人とその家族向けのサービスなので、基地の周辺でしか聞くことはできませんが、聞ける地域にいる人は24時間様々な番組を楽しめます。
AFN 東京: AM 810kHz
AFN 三沢、AFN 岩谷、AFN 佐世保: AM 1575kHz
AFN 沖縄:AM 648kHz

NHK WORLD


NHKの国際放送です。日本国内のニュースを中心に英語で放送されています。ニュースばかりでなく、日本の文化、エンターテイメントなどの番組もあります。テレビもラジオもアプリで楽しむことができます。

NHK WORLD TV

NHK WORLD TV
無料
posted with アプリーチ

NHK WORLD RADIO JAPAN

NHK WORLD RADIO JAPAN
無料
posted with アプリーチ

VOA(Voice of America)


VOA(Voice of America)はアメリカの国営ラジオ放送です。VOAは英語学習者向けの優しい語彙でスピードもゆっくりと伝えられる放送があるのも特徴です。

VOA(Learning English)


こちらがVOAの英語学習者向けサイトVOA Learning Englishです。ゆっくりしたスピードでスクリプトを見ながらニュースを聴くことができます。

BCC(British Broadcasting Corporation)


BCC(British Broadcasting Corporation)はイギリスの公共放送です。イギリス国内外にむけてテレビやラジオ番組を放送しています。

ABC(American Broadcasting Company)ニュース


ABC(American Broadcasting Company)ニュースは、ABCのニュース番組制作会社です。
日本ではBS1火曜日~土曜日午前4時40分から5分間、ニュースの一部がキーワードと共に学習できるABCニュースシャワーという番組が放送されています。インターネットサイトで字幕対訳付きでいつでも学習できます。

NHK ニュースで英会話


Eテレで毎週木曜日 午後11:25~11:50に放送されている番組ですが、サイトでは短いラジオニュースにつき、短く区切った聞き取りや理解、キーワードの学習などができるようになっています。国内のニュースがほとんどで、一つのニュースも短いので、苦労なく進められます。

上記紹介した以外にも、CNNやNPR、各国のテレビ局やラジオ放送局のサイトでニュースが聞けます。又、ニュースが聞けるポッドキャストも沢山あります。ポッドキャストについては【2016年版】英語の基礎学習に使えるおすすめポッドキャスト30選を参照してください。

英語ニュースのリーディング学習ができる教材


引用元:GATAG
英語ニュースを読めるようになるためには、最初に紹介した単語帳で、ニュースならではの表現や単語に慣れることも有効です。また、CD付き英語ニュースのリスニング教材、英語のニュースを聞くために紹介したサイトでも、聞くばかりでなく、読む学習も十分にしていただけます。あれこれと手を出さず、1冊、あるいは1種類に決めて、タイムリーに最新のニュースを読み進めていくことをお勧めします。

じっくりリーディングに取り組みたいという人のために、ここでは、リーディングのための最新英語ニュースを学習しながら読むことができる月刊誌を紹介します。すべてKindle版ですので、雑誌がたまってしまう心配もありません。Kindleアプリは無料でダウンロードできます。

辞書なしで超速読月刊英語ニュース: 2016年12月号 Kindle版

一つの記事が日本語訳付と英文のみの二種類の方法で収録されています。日本語訳付きでは、英文をこまかいフレーズに区切り、日本語訳が交互に掲載されているので、英語を読みながら日本語訳を確認できるので、読んだ英語を頭から瞬時に理解していく感覚をつかめます。読み終わるまでの予想時間や、音声や動画ニュースへのリンクがついているものもあり、音声を聞きながらの学習も可能です。

[音声DL付]日本語対訳で読めるVOA英語ニュース2016年12月号 (TOEIC・TOEFLのリスニング、リーディング対策に最適) Kindle

VOAの英語ニュースを利用し、英語学習者向けに段落ごとの対訳で英語の意味を理解しながら読み進められるようになっています。その後、全文を通して読むことで理解を確認します。

[音声DL付]ENGLISH JOURNAL (イングリッシュジャーナル) 2017年1月号 ~英語学習・英語リスニングのための月刊誌 [雑誌] Kindle版

イングリッシュジャーナルで英語学習ができます。海外俳優のインタビューなど、様々な記事が掲載されています。固定レイアウトで作成されているので、タブレットなどの大きいディスプレイ向きです。雑誌版の購入を検討してもいいかもしれません。

その他、英語学習用のおすすめ英字新聞はこちらをご参照ください。

まとめ


引用元:IntelGraded
英語で経済や金融を理解できるようになることは、ビジネスマンとしても一つのステイタスですね。ニュースを使った英語学習はTOEICの学習にも役立つ勉強です。英語基礎力を身につけたら、その基礎力を実践的な学習で伸ばしていくことで、基礎固め、更なるステップアップへと繋げることができます。

いきなり海外のニュースを聞いたり、英字新聞を読むことは難しく、無理をしては挫折に繋がりかねません。ニュースなら国内の背景をよく知っているニュースから聞いてみると、内容を掴みやすいと思います。読む記事も、数分で大雑把な内容を掴める程度のものから挑戦してみるといいでしょう。同じ事柄に関するニュースを読んで、聞くことで、そのニュースに関わるキーワードとなる単語の定着を図ることができます。

オススメ 【体験談】オンライン英会話の無料体験を8社受けました。選び方とは

オススメ 英語の基礎学習にオススメなアプリ30選【iPhone・Android】

komitta

主婦業、仕事、子育ての傍らコツコツと英語学習を続けてきました。翻訳のお仕事もさせていただきながら、現在も英語学習継続中です。TOEICは920点を取得しています。具体的な夢や目標があれば、語学学習も頑張れます。「フランスを拠点に、夫婦で海外の美しい競馬場を巡り、イギリス、ウエストエンドでミュージカルを堪能する」そんな夢の実現に向けて、フランス語学習にも励んでおります。