YAMAHA VXS10ST サブウーファー-ヤマハ


  • YAMAHA VXS10ST サブウーファー

    VXSシリーズSモデルは、すべてのVXSシリーズおよびVXCシリーズがもつ表情豊かなナチュラルサウンドにベストマッチするサブウーファーです。低域に量感を与えるだけでなく、滑らかで質の高い音の再現にこだわっており、音楽や人の声が持つ本来の魅力を引き出します。

    【VXS10ST 特徴】
    ・ハイインピーダンスシステム対応のサブウーファー
    ・VXSシリーズ/VXCシリーズのナチュラルサウンドにベストマッチ
    ・歪みのない滑らかな低域再生を実現するバンドパス方式を採用
    ・VXS10Sと共通のデュアルボイスコイル式ドライバーを搭載
    ・サテライト接続端子を搭載
    ・壁付け設置に対応する専用ブラケットを同梱
    ・黒と白の2モデルを用意

    ■滑らかで量感のある低域再生。
    VXS10S/VXS10STは、圧倒的なパワーとナチュラルな音質で低域を増強し、臨場感のある音楽空間を演出します。たとえば、クラシックやジャズで高級感のあるホスピタリティ空間をつくりたい場合や、ビート感のあるダンスミュージックで心地よいショッピング空間をつくりたい場合などに役立ちます。どちらのモデルも歪みを抑えるバンドパス方式を採用しているため、滑らかな低域の再生を実現します。また、デュアルボイスコイル式のコーンドライバを搭載しており、ステレオ音源ソースにも簡単に対応します。

    ■最適な音のバランスを実現するサテライト接続。
    VXS10S/VXS10STには、スピーカー本体の背面にサテライト端子が搭載されており、VXSシリーズ/VXCシリーズとサテライト接続をすることができます。これにより、アンプの使用チャンネル数を最小限に抑えてシステムを組むことが可能になります。VXS10STはハイインピーダンス接続に対応しているため、ローインピーダンスのサテライトスピーカーをハイインピーダンスのシステムに組み込むことができます。また、サテライト接続時にはハイパスフィルターが設定されるため、サテライトスピーカーとサブウーファーの周波数特性がスムーズに繋がります。

    ■柔軟な設置方法。
    VXS10S/VXS10STは、室内の環境に応じて床置き、壁付け、天井付けなど様々な設置方法をとることができます。


    【仕様】
    ・形式:バスレフ型サブウーファー
    ・再生周波数帯域(-10dB):45Hz-250Hz
    ・公称指向角度(Horizontal x Vertical):-
    ・定格インピーダンス:
    Lo-Z:-
    100Vライン:50Ω(200W)、100Ω(100W)、200Ω(50W)
    70Vライン:25Ω(200W)、50Ω(100W)、100Ω(50W)、200Ω(25W)
    ・サテライトインピーダンス:8Ω(推奨、1系統あたり)*2
    ・許容入力*1:
    NOISE:-
    PGM:-
    MAX:-
    ・出力音圧レベル(1W, 1m):96dB SPL*3
    ・コンポーネント:
    LF:25cmコーン(デュアルボイスコイル)
    HF:-
    ・コネクター:
    インプット:ユーロブロック(4P)x1 (インプット:+/ 、ループスルー:+/ )
    サテライトアウトプット:ユーロブロック(4P)x1 (Satellite out 1:+/ 、Satellite out 2:+/ )
    ・防水性能:-
    ・仕上げ:VXS10ST: 黒 (マンセル N3近似値)
    ・寸法・質量:260W×500H×389Dmm・19.5kg
    ・付属品:ブラケットベース(壁金具) x 1、マウンティングブラケット(スピーカー金具) x 1、座金組込みネジ x 4、ラバースペーサー x 4、六角ボルト x 4、スプリングワッシャー x 4、平ワッシャー x 4、落下防止ワイヤー x 1、ユーロブロックプラグ(4P) x 2(本体に付属)、ユーロブロックプラグ(5P) x 1(VXS10ST/VXT10STW本体のみ付属)
    ・梱包数量:1台

    *1:IEC
    *2:インピーダンス下限値(1系統あたり)VXS10S/VXS10SW:4Ω、VXS10ST/VXS10STW:8Ω
    *3 ハーフスペース(2π)。